おさんぽブログ 猫路地散策人
   おさんぽライター。 首都圏のあちこちに出没。
  >> ホーム
  >> RSS
ネコロジ
Author:ネコロジ
おさんぽライター。
首都圏のあちこちに出没。


カテゴリ
花(14)
猫(9)
こ、これは!(37)
おいしいもの(10)
ちょっとお知らせ(3)
おみやげ(5)
水(6)
虫(3)
空(8)
魚(1)
お店(5)
葉っぱ(2)
建物(3)
遊(1)
鳥(1)
動物(1)
街(1)
過去の記事
2010月12月 (1)
2010月10月 (3)
2010月09月 (3)
2010月07月 (2)
2010月06月 (2)
2010月05月 (3)
2010月04月 (4)
2010月03月 (3)
2010月02月 (4)
2006月09月 (4)
2006月06月 (6)
2006月05月 (3)
2006月04月 (8)
2006月03月 (7)
2006月02月 (4)
2006月01月 (4)
2005月12月 (6)
2005月11月 (2)
2005月10月 (6)
2005月09月 (5)
2005月08月 (6)
2005月07月 (6)
2005月06月 (8)
2005月05月 (6)
2005月04月 (4)
リンク
オフィスおさんぽ
Twitter @nekoroji
海辺のフォトギャラリー
Sugar堂本舗
Pecoのらくがき帳
てくてく。。お散歩ノート
もの作りの日々・・
gentleway
mapy's Home Room
*Curious Days*
K's Cafe-くつろぎ空間
これでいい
管理者ページ
サイト内検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | トラックバック(-) | レス(-)
(--/--/--(--) --:--)

 川崎市産業観光ツアー
6月に「川崎市産業観光ツアー」に参加しました。

まず、JR鶴見線に乗って、その歴史や工場景観を楽しみ、
川崎コリアタウンで焼き肉ランチ後、
セメントの製造工場のデイ・シイと東京電力東扇島火力発電所を
見学するというものでした。

血が躍りました。
ブログにアップするのは、4ヶ月も後になっちゃいましたけど。

とりあえず、鶴見線。
国道駅から鶴見駅までは乗ったことがあったけど、
鶴見線、乗ったら帰ってこれなくなりそうで、乗るの躊躇してました。

とくに海芝浦支線の終点の海芝浦駅。
東芝の敷地内にあり、社員か許可された人しか改札の外に出られない。
ホームの隣はすぐに海(運河)。

umi10.jpg

でも、関東の駅百選の1つであり、
東京湾に架かる鶴見つばさ橋が眺められるほか、

umi11.jpg

対岸には、こんな風景が広がっています。
ひゅーん。

ただ、通路にあった看板のカエルは、
何を意味しているのか、わかりませんでした。

umi12.jpg

↓に従って下を見ても、カエルがいるわけではないし、
んー、何だろう?

ツアーを案内してくれたJRの方の説明によると、
「お帰りはこちらの通路」とのことでしたが、
んー、よくわかりませんでした(笑)。





スポンサーサイト
こ、これは! | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/10/03(日) 23:51)

 ずずずっ
小田急線座間駅から「座間谷戸山公園」への道の途中で、
こんなものを発見。

soba1.jpg

丼のおそばを箸で持ち上げて……

soba2.jpg

ずずずっ。

soba1.jpg

丼のおそばを箸で持ち上げて……

soba2.jpg

ずずずっ。

丼から湯気が出ている立体看板は見たことあるけど、
ずずずっといっちゃってる看板は初めて見たなあ。

かけそば食べたくなっちゃった。


こ、これは! | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/09/21(火) 23:20)

 あぶくま洞
また福島県ネタで、
今年の3月くらいに行ったときの写真なのですが。
確か雪降っていました。

とにかく、田村市滝根町にある「あぶくま洞」です。
地底の鍾乳洞で、全長600mの洞内に東洋一ともいわれるほどの
種類と数を誇る鍾乳石が続く……と、HPに載っています。
http://abukumado.jp/midokoro/abukuma.html

abu2.jpg

abu1.jpg

abu3.jpg

鍾乳洞、好きです。
長い年月をかけてできあがった鍾乳石の不規則で不思議な形や模様。
あまりにも神秘的すぎて、口を開けて見上げるばかりです。

あぶくま洞には探検コースがあります。
通常コースから一部、遠まわりして、
鍾乳石の下をくぐったり、ちょっと急な崖を下りたり、狭い道を通ったり。

いつかもっと大規模な鍾乳洞探検をしてみたいな。


[あぶくま洞]の続きを読む
こ、これは! | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/06/26(土) 10:07)

 風車がぶんぶんまわる高原
fu1.jpg

福島県・猪苗代湖の南に位置する湖南町には、
「布引高原」という高原があり、菜の花畑が広がっているんだよ。
という話を小耳にはさんだので、ゴールデンウィークに行ってみました。

山道を車でのぼっていくと、ぬぅっぬぅっぬぅっと顔を出したのは風車。
機械であるけれど、腕をぶんぶんと懸命に振りまわす姿に、
『天空の城ラピュタ』のロボット兵を思い出しました。

展望台から見渡してみると、
360度どこを見ても風車! 風車! 風車!
壮観です。

hu3.jpg

hu4.jpg

hu2.jpg

hu5.jpg

布引高原は標高1000メートル、磐梯山と猪苗代湖を一望できる場所にあります。
(4枚組1枚めの写真に磐梯山と猪苗代湖がうっすらと写っています)

この高原に、高さ約100メートルの風車が33基。
2007年より日本最大級の風力発電所として、運転が開始されました。

発生電力量は約12500万キロワット時/年で、
約35000世帯分の年間消費電気量に相当。

二酸化炭素の削減効果は約53000トンCO2/年で、
約66000台の乗用車の排出量に相当。だとか。

総事業費約120億円をかけただけのお仕事を
これからもぶんぶんと果たしていってくれるのでしょう。

そういえば、菜の花めあてにやってきたのですが、
雪が残っていて、花らしきものはまったく見えません。

聞けば、菜の花は例年5月中旬?6月上旬が見頃。
また、8月中旬?9月中旬にはヒマワリやコスモスが一面に咲き揃うそうです。

もともと“布引高原だいこん”の産地で、
6月には市民によるだいこんの種まき体験も行われるとのこと。

農家の方々が野菜直売所や売店を開いていたので、くきたち菜と椎茸を購入。
どちらも食べたら口の中に旨味があふれて、とってもおいしかったです。

fu5.jpg

ともあれ、33基の風車。
根っこはどれだけ深いんだろうなあ?



こ、これは! | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/05/13(木) 00:57)

 ANA機体メンテナンスセンター 機体工場見学
ANA2.jpg

4月にANA機体メンテナンスセンターの機体工場見学に行ってきました!

東京モノレール新整備場駅から徒歩15分。
駅の外に出たとたん、目の前は羽田空港の滑走路で、
すぐ隣をでっかい飛行機がゴォーッと行くわけで、
いきなり鼻血がとびちりそうでした。

機体工場見学では、まず飛行機について説明があったりビデオを見たりして、
それはそれで、へぇー! っておもしろかったのですが、
なんといっても、整備作業中の飛行機がどどんと停まっている格納庫見学がすごい!

ちょうど3月に新格納庫が完成したばかりとのことで、
2つの格納庫に案内してもらったのですが、どっちも広大で、ひやぁ?っ!!

そして、飛行機を間近にばばあーんっと、ぐあーっと見上げることができるのです。

ANA3.jpg

新格納庫は本当にぴっかぴかで、
飛行機もつるっつるぴかぴかぴかで、むきたてのゆで卵みたい!
とびついてかじりたくなりました。

ANA4.jpg

エンジンの中身もかっこいいし、

ANA5.jpg

エンジンの外側もかっこいいし、
もう泣きそう?!!

格納庫は広いので、
整備士のみなさんは自転車に乗って移動するそうです。
それで、自転車置き場があるのですが、

ANA6.jpg

テープで「チャリ」と書かれてるあたり、
その字がはげちゃってるあたり、脱力しました。


こ、これは! | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/05/07(金) 00:40)

次のページ
最近のエントリー

6月の思い出(12/28)
松田山ハーブガーデン(10/31)
生田緑地ばら苑(10/12)
川崎市産業観光ツアー(10/03)
ずずずっ(09/21)


最近のコメント

ネコロジ:>私もいました(03/12)
ハナハナ:私もいました(03/10)
ネコロジ:ご無沙汰してしまいました~(02/16)
Sugar:ご無沙汰です。(02/15)
ネコロジ:(10/06)
はるひ:(09/27)
ネコロジ:(09/27)


最近のトラックバック



Copyright © 2004 おさんぽブログ 猫路地散策人. All Rights Reserved.
Powered By FC2BLOG / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。